保険をお考えの方

あなた自身にとって、いったいどれだけの保障が必要なのか。 具体的に検証したことがありますか・基本的には、万一の事が起きたときにも将来設計が揺らぐことのないよう、そのために必要な保障額を考えていきます。 ライフメイトでは生命保険12社損害保険会社5社の保険会社の商品を取り揃えておりますので、保険のプロがお客様に合ったアドバイスをいたします。生命保険がはじめての方も見直しの方もお気軽にご相談下さい。

ご家庭における必要性

ご家庭を守るあなたへもしもの時、あなたのご家族の未来を守るためには、いったいどれだけの 保障が必要なのでしょうか。より正確な予測をたてることが、確かな備えに つながります。家族構成や収入、将来の計画をお聞きして必要資金を分析します。
  • 毎月の生活資金・教育資金・結婚資金・家賃・ローン
  • あなたにもしものことが起きた時、その後のご家族の生活を支える保障をご提案します。
  • 住宅購入資金・相続対策資金・死後の整理資金・緊急予備資金・生活立て直し資金
  • 万一の場合、一時的に必要になってくる資金対策を的確にシミュレーションします。
  • 長期療養資金
  • 長期的な治療が必要な場合に、入院や通院の費用に加えて、ご家族の生活も支援できる保障をご提案します。
  • 老後の生活資金
  • 充実した老後を、末永く安心して過ごしていただくための保障をご提案します。

企業経営における必要性

それぞれ企業の特性が違えば、生命保険のニーズも異なります。業種や規模、 経営方針など、すべてライフメイトのコンサルタントにお聞かせ下さい。 豊富な経験と知識で、貴社に最適な事業保障制度をご提案します。
  • 事業保障対策資金・死亡退職金・弔慰金対策資金・退職慰労金(老後生活費)対策資金・事業承継・相続対策資金
  • 企業活動の中軸を担いながら公的保障が薄い、経営者・役員の方々に十分な企業保障制度の確立を。
  • 福利厚生資金
  • 従業員の方に手厚い保障制度を。会社に対する信頼感とモチベーションの向上にもつながります。

個々のお客様の環境・状況を将来にわたって、的確に把握・分析。あらゆる角度から検討を重ねたライフプランを設計し、ご提案します。

生命保険の基礎知識(3つの基本形を理解すれば保険は簡単です)

複雑にみえる生命保険ですが、「定期保険」「養老保険」「終身保険」の3つがベースになっており、この3種類を組み合わせて、自分や家族の目的やニーズに合った生命保険を設計することが基本になっています。保険商品は基本的にはそれらの組み合わせによって成り立っています。それぞれの特長を理解し、ご自身の目的・ニーズにより選択することが重要です。